車 下取り

車下取りよりも確実に10万円以上高く車を売却するための3つの秘訣

 

 

車は本を売るように簡単にはいきませんので、
車を売却するときに必要な書類はきちんと揃えなければなりません。
車を売るということは、名義変更手続きをするということですので、
名義変更のための書類が必要になります。
まず、車を売る際に必ず必要となる書類には、車検証が必要になります。
これは国土交通相が定める証書のことで、
公道を走る際には必ず携帯しなければなりません。

 

自賠責保険証明書も必要な書類です。
公道を走らせる際には必ず加入しなければならない加入証明書で、
車検時には自賠責保険にも加入することになっています。

 

自動車税納税証明書も必要なものです。
自動車税は、毎年5月中旬以降に納付書が送付されてきますので、
これは大切に保管をしておかなければなりません。

 

また実印も必要になり、印鑑証明書も必要になります。
車売却時には実印が必要になりますが、
その印鑑が実印であることを証明するために、印鑑証明書が必要になります。
譲渡証明書は、車を譲渡、名義変更をする際に必要なものとなっています。

 

中古車買取り専門店や、下取りに出す場合は、
ディーラーや買取業者が用意してくれますので、
自分では特に用意する必要はありません。

 

 

セダンといえば、車高が低く、
全体的に重みのあるようなデザインが多いですよね。
高級車というイメージも強いため、
かっこ良く車を乗りたい方に人気があります。
しかし、子供がいる方にとっては、
セダンは少々窮屈に感じるかもしれません。

 

 

 

そもそもセダンは、多くの人数を乗車させることはできません。
そのうえ、先ほども述べたように車高が低いため、快適性はあっても、
広々とした室内空間は求めることはできないでしょう。
ですから、子供がいる家庭などは、乗り換える方がほとんど。
最近は、コンパクトカーや軽自動車も、
以前よりもゆったり室内空間のモデルが増えましたから、
子供が小さいうちは小型車を検討している方も少なくありません。
何より、小型車はママも運転しやすいですから、女性からの支持も高いですね。

 

 

このように、セダンにチャイルドシートは厳しいところ。
もちろん、セダンだからといって、
チャイルドシートをしてはいけないという決まりはありませんが、
乗降が大変ですから、小さな子供がいる家庭は、
車高のある車のほうが、安心でしょう。

 

 

そういった条件も視野に入れながら、車を選びましょう。

 

車買取

 

廃車をする場合、解体処理が必要になります。
解体は、永久抹消登録をした場合に有効で、
車を完全に廃棄する状態のことを言います。

 

 

解体は廃車では行わず、解体業者に頼みます。
永久抹消登録をする前に解体処理を行い、
「解体証明書」を発行してもらったのち、廃車手続きに入ります。
万が一印鑑証明書がない場合でも、解体処理までは可能になります。

 

 

解体終了した車は、ナンバープレートと必要書類を準備し、
廃車手続きをします。
ちなみに、解体証明書の発行には少し時間がかかるので、
事前にどれだけかかるか聞いておくと、
スムーズに手続きを済ませることができますよ。
その間、廃車手続きをすることもできますしね。
要領良く手続きを進めるために、
分からないことはどんどん相談しましょう!

 

 

解体業者は、全国各地にあります。
なかには、廃車屋が解体を行っているところも。
解体業者と廃車屋を行き来するのが面倒という方は、
そういったお店を探してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

ちなみに、解体を利用するのは廃車でも
「永久抹消登録」をした場合のみです。
一時抹消登録というのもありますが、
こちらは一時的に抹消登録をするだけなので、解体は行われません。

 

車 売る

 

リーフ(日産)とは、日産の電気自動車です。
販売は、日本とアメリカで行われ、
2012年に世界で量産された5ドアハッチバック型になります。

 

 

発売前の2009年11月の「第41回東京モーターショー」で一般向けに公開され、
日本・アメリカでは、世界に先立って翌年の12月に発売されました。
モデルが発表される前には、
キューブキュービックをベースとした実験車両「EV-01」および
「EV-02」が2008年8月6日に公開され、2009年7月27日には、
ティーダをベースにした、リーフと同じプラットフォームの
実験車両「EX-11」「EV-12」が公開されました。
また、公開されていないものを含むと、
日産は1年に2〜3台の実験車両を開発していたと言います。

 

 

 

2012年11月20日には、日本仕様車がマイナーチェンジされました。
変更された点は、
・モーター
・軽量化
・仕様の変更(電子式パーキングブレーキ→足踏み式など)

 

 

廉価グレードの「S」も新たに追加されました。
また、インバーターをラゲッジルーム内から
ボンネット内に移動したことで、ラゲッジの容量を増やすことにも成功しました。
さらに、メカニズムの変更で航続距離も14%アップしています。

 

 

ランティス(マツダ)とは、過去にマツダが販売していた自動車です。
4ドアクーペとセダンの2種類のボディがあり、
もともとは別車種として開発されていました。
海外では、「323F」「323Astina」という名称で販売され、
ファミリア・アスティナの後継車種に当たります。

 

 

デザイン性に優れ、ハンドリングなど安全性能にも力を入れていることから、
1996年には、「衝突安全基準適合第1号」となっていました。
プラットフォームは、マツダ・CBプラットフォーム。
ランニングフトントタイプおよび
最終試作車の開発ニュルブルクリンクで実施しています。

 

 

 

エンジンは2種類。

 

 

・1.8L 直列4気筒 BP
・2.0L V型6気筒 KF

 

 

後者は、クロノスのものと同じですが、ランティス搭載時には、
吸排気系などの見直しで、10馬力に増えています。

 

 

しかし、あまりに独特なデザインであったことから、
日本での販売は伸び悩んでいました。
また、マツダの多チャンネル化の失敗で、ブランドイメージが悪化したことも、
売り上げが伸び悩んだ原因のひとつだと言われています。

 

 

ラルゴ(日産)とは、
日産が過去に販売していたワンボックスカーとミニバンです。
設計と生産は愛知機械工業が、販売を日産自動車が行っていました。

 

 

初代モデルは、1982年に登場。
「バネット」の派生の上級車種になり、
当時は「バネットラルゴ」という名称で誕生しました。

 

 

販売チャンネルごとに、
・ダットサン バネットラルゴ
・サニー バネットラルゴ
・チェリー バネットラルゴ

 

 

がそれぞれ設定されました。
構造上は、キャブオーバーになりますが、
ボディスタイルはワンボックスカーになります。
ベース車よりも、車幅を90mm拡大しているのが特徴です。
乗用登録の「コーチ」と、貨物登録の「バン」も用意されました。

 

 

 

その後、2代目モデルが1986年に登場し、
3代目モデルが1993年に登場しました。
最終モデルは、フルモデルチェンジで「バネット」が外れ、
「ラルゴ」のみになりました。
CMコピーは“ポストセダンをどうそ”
1995年8月の一部変更時に設定されたエアロパーツ装着の
「ハイウェイスター」で人気を博しました。

 

 

車名の由来は、音楽の速度記号のひとつになります。
イタリア語で、“幅広くゆるやかに”

 

 

ムーヴ(ダイハツ)とは、ダイハツのトールワゴン型軽自動車です。
現在は5代目モデルが2010年より販売されており、
初代モデルは1995年に登場しました。

 

 

当初は、スズキ・ワゴンRの対抗馬として登場しました。
現在では、ワゴンRと並ぶ軽トールワゴンの代表車種になっており、
バックドアは一貫して横開き式を採用しているのが特徴です。
バリエーションは、2通り。

 

 

・ムーヴ
・ムーブカウタム

 

 

になり、ムーヴカスタムは、
1997年5月の一部改良で追加された、スポーティモデルになります。
こちらも、現行の5代目まで継続して販売されています。

 

 

初代モデルは、L500系ミラをベースとし、
マニュアル車にパートタイム4WD、
オートマチック車にフルタイム4WDが用意されました。
FFを主体にしており、軽自動車のパートタイム4WDとしては、
このムーヴが最後の車種となりました。

 

 

 

現行モデルは、歴代同様ノーマルとスポーツグレードが2種類存在し、
今回の改良では平均で約35kg軽量化されました。
その他、KF型エンジンも特性を全面的に見直され、
トランスミッションもCVTに統一されました。

 

 

プロシード(マツダ)とは、
マツダのピックアップトラックおよび、SUVです。
海外でのピックアップは、
マツダ・Bシリーズとして有名で、長い実績を誇っています。

 

 

初代モデルは、1965年に登場。

 

 

4代目モデルと5代目モデルは、北米でのみ販売され、
・4代目1994年〜1997年
・5代目1998年〜2009年

 

 

まで販売されました。

 

 

 

初代モデルは、当時商用のみ販売されていました。
1974年〜1977年には、アメリカ向けの輸出仕様車として
「ロータリーピックアップ」が生産されました。

 

 

その後、
・2代目1977年〜1985年
・3代目1985年〜2000年

 

 

まで販売。
3代目モデルは、当時輸出専用車でした。
国内の後継車はなく、1998年12月に、キャブプラスの国内販売が終了し、
翌年1月にはマービーの販売が終了。
2000年3月に、キャブプラスの生産が終了しました。

 

 

 

北米のみの4代目・5代目は、4代目はマツダが日本からの輸出を中止した上で、
フォードがアメリカで生産している
ピックアップトラックのレンジャーの姉妹車になりました。
これにより、一部モデルはレンジャーと同じ
大排気量のV6エンジンが搭載されました。

 

ビーゴ(ダイハツ)とは、ダイハツが生産と販売を行っている、小型SUVです。
先代モデルは、テリオス。
ボディ構造には、
ビルトインラダーフレーム式モノコックを採用しているのが特徴です。
これは、モノコックボディにはしご型フレームを組み込んだものになります。
このボディは、7人乗りミニバンの同社の
セニアとトヨタのアバンザのボディをベースとしています。

 

 

エンジンは、直4気筒DOHCガソリンエンジン。
ドライブトレインは、
このクラスでは珍しいとされる縦置きエンジンのFRと4WDになります。
日本向けのFRモデルには、
ローダウンサスペンションが標準装備されています。

 

 

その他、
・トランスミッションは4速AT/5速MT
・MTと日本国外向けのATはフロアシフト
・車内スイッチでロックできるセンターデフ装備のフルタイム方式がある

 

 

など、さまざまな特徴があります。

 

 

 

誕生は、2005年9月の第61回フランクフルトモーターショーでの
参考出品で(D-Compact4x4)
同年10月には、第39回東京モーターショーに出品されました。
発売は、2006年1月17日。
トヨタ・ラッシュとともに発売され、
2008年11月13日に最初のマイナーチェンジが行われました。

 

バラード(ホンダ)とは、
ホンダが過去に製造と販売を行っていたセダン型・小型乗用車です。
1980年に初代モデルが登場し、1986年に幕を閉じました。

 

 

初代モデルは、2代目シビックの姉妹車になります。
ボディは、4ドアセダンのみになり、
若干シビックよりも高級感があるのが特徴でした。
しかし、実際はシビックの室内空間を少し圧縮しており、
ボディの前後またはアウターパネル全体の
プレスラインをリデザインしたものになります。
よって、ほとんどの機構部品がシビック共通になっています。

 

 

 

最初のマイナーチェンジは、1982年9月。
フロントノーズを少しスラント化し、ウインカーがサイドまで回り込み、
異型2灯式のヘッドライトに変更されました。
同時に、ナンバープレートの位置もバンパー下に移動されました。

 

 

 

2代目モデルは、1983年9月22日に3代目シビックの姉妹車として発表されました。
シビックとの違いは、セミリトラクタブル・ヘッドライトが採用されたこと。
1985年9月にマイナーチェンジされ、ヘッドライトが固定式になりました。
また、ホンダマチック車は、全車4速フルオートマチックに変更されました。

 

 

しかし、1986年10月に生産終了。
派生車である「バラードスポーツCR-X」は継続生産されました。
翌年のシビックフルモデルチェンジでは、「CR-X」として独立しています。

 

パナメーラ(ポルシェ)とは、ドイツ・ポルシェが製造販売している、
Fセグメントに属する5ドアラグジュアリーハッチバックサルーンです。
同社では、初となるフル4シーターの4ドアセダンになります。
日本では、「第16回名古屋モーターショー」にて、
一般向けとして初お披露目となりました。

 

 

もとは、2009年4月からドイツ・ライプツィ工場で生産が開始され、
正式デビューは翌月になります(上海モーターショーにて)
また、翻刻では2009年12月から納車されています。

 

 

 

パナメーラは、
・パナメーラ4にはV6の3605cc/最高出力221kW
・パナメーラSとパナメーラ4SにはV8の4806cc/最高出力302kW

 

 

そして、パナメーラターボには、
ターボチャージャーによって過給された368kWのV8エンジンが使用されています。
また、変速機は6速手動変速機/7速PDK
(デュアルクラッチトランスミッション)が使用されています。

 

 

 

パナメーラという車名は、1950年代前半に、
メキシコで行われた公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」からきています。
そのため、911「カレラ」も、
このレースの名称から由来していると言われています。